法人案内

     

ごあいさつ

地域とともに 職員とともに


社会福祉法人勤医協福祉会 理事長 太田 眞智子

社会福祉法人 勤医協福祉会は、「いつでも、どこでも、だれもが安心できる医療と福祉をめざす運動と利用者の要求に応えた非営利の事業を通じて、地域社会の発展と福祉の向上に貢献します」と宣言し、事業開始をしてから15年目を迎えます。


前身の(株)北海道勤労者在宅医療福祉協会が、北海道勤労者医療協会の介護事業引き継ぐ形で、事業開始(2007年4月)をしました。その後、広域にわたる事業展開の中で、社会福祉法人等の4法人に分割し運営してまいりましたが、社会福祉法人を取り巻く経営環境を考え、2020年に介護、福祉事業の法人再統合をいたしました。現在の事業数は、介護福祉事業は114事業、高齢者住宅15か所、保育事業3事業、生活支援事業4カ所、障がい者就労支援事業1か所の計137事業を道央圏で運営しています。


医療分野の知識経験から参加をした私にとりましては、「様々な困難な状況を持つ利用者に対し、多職種が粘り強く協働し、豊かな生活を取り戻していく実践」に、介護・福祉事業の総合性や奥深さを実感し感動と同時に、ケアの持つ力への確信と学びの連続でした。


昨年は、介護保険制度が始まり20年目の年です。介護の社会化を目指した介護保険制度は、自己責任から社会が責任を持つ制度に発展したとは言えない現実があります。地域の貧困格差は、「少ない年金で、子供や孫が暮らす」、「介護のために仕事を辞め、生活困難となる」など、深刻なものが多くあります。

さらに、新型コロナウイルス感染症の蔓延もあり、一層深刻になっています。
全職員で地域の住民・利用者の要求に応える事ができるように理解を進め、必要なサービスが利用できる事を目指します。

ごあいさつ

この間、社会福祉法人として、社会福祉減免と合わせて、2017年11月からは「勤医協福祉会の法人独自減免制度」に取り組み、その利用者は年々増加しています。


今後とも、設立理念を継承し社会福祉事業を通じて、地域の皆さまから信頼され、必要とされる法人として、社会貢献を進めてまいります。
一層のご支援を賜りますようにお願い申し上げます。 


2021年4月1日



法人理念 <存在意義と私たちの目標> 2007年41

私たちは、
いつでも、どこでも、だれもが
安心できる医療と福祉をめざす運動と
利用者の要求に応えた非営利の事業を通じて
地域社会の発展と福祉の向上に貢献します。

1. 人間らしい生活を支えるケアを、共にすすめます。
1. 平和と人権のまちづくりをすすめます。
1. 地域と共に、民主的に運営し、学び成長します。

社会福祉法人 勤医協福祉会がめざす特別養護老人ホーム(案)

木々の緑に囲まれた恵まれた自然の地で、


①人権を尊重し、一人ひとりの生活要求を大切にし、障がいがあっても、認知症になっても、また、必要な時に医療と連携して安心して、その人らしく自由に、生き生きと暮らせる“ついのすみか”となる施設、をめざします。

②地域の様々な団体・個人との連携をすすめ、地域に根ざしたなじみの関係、環境を大切にします。子どもからお年寄りまで、地域の皆さまが施設を活用し、ともに安心して暮らせる“まちづくり”をすすめていきます。災害時や困った時など、いつでも相談でき、援助ができる施設づくりをすすめます。


③互いに学び成長でき、生き生きと明るく働ける職場づくりをすすめていきます。


④お金のあるなしで差別されない、安心して生活ができる社会保障制度をつくるため、地域の皆さんと一緒に取り組みます。


2012年8月30日 社会福祉法人 札幌南勤労者医療福祉協会第14回準備委員会

法人概要

法人名社会福祉法人 勤医協福祉会
理事長太田 眞智子
創立年月日2013年3月12日
住所〒003-0804
札幌市白石区菊水4条1丁目8番6号
電話番号011-811-8002
FAX番号011-811-0622

減免制度について

勤医協福祉会では、経済的に困難な方の介護サービス等利用料軽減のために2つの減免制度をご案内しています。

「社会福祉法人等減免制度」と、法人独自の「福祉サービス等の減免制度」があり、当法人でご利用いただく利用料の自己負担分や、家賃・宿泊費・食事代などを減額することが出来ます。


減免制度のご案内(社会福祉法人等減免制度・法人独自の減免制度)

(PDFファイルが開きます)