訪問介護(ホームヘルプ)

サービス方針

指定訪問介護事業所では、要介護状態になった場合においても、利用者が可能な限り、住み慣れた地域で自分らしく暮らせるよう、利用者の意思及び人格を尊重し、居宅介護支援事業所や主治医、また他の保健医療サービス、福祉サービスと連携を取り、介護者の総合的かつ効率的提供に努めます。

サービス内容

  • 指定訪問介護
    1.身体介護サービス
      利用者の身体に直接接触して行うサービス、利用者が日常生活を営む上で必要な機能の向上等のために介助サービス等をいいます。
      ・排泄、食事介助
      ・清拭、入浴、身体整容
      ・体位変換
      ・移動介助、移乗介助、外出介助
      ・その他必要な身体の介護
    2.生活援助サービス
      身体介護以外の介護で、掃除・選択・調理等の日常生活の援助サービスをいいます。
      ・調理
      ・衣類の洗濯、補修
      ・住居の掃除、整理整頓
      ・生活必需品の買い物
      ・その他必要な家事
  • 札幌市指定日常生活支援総合事業
     高齢者が介護予防活動への参加により能力を最大限活かしつつ、地域の支え合いや生活支援を組み合わせて利用することにより、できる限り住み慣れた地域で自立した生活を送れるよう支援する事業です。
  • 利用者の依頼を受けて、介護支援専門員による居宅サービス計画等に沿った訪問介護計画及び総合事業計画の作成を行います。計画の作成にあたっては、サービス提供責任者が利用者の居宅を訪問し、利用者・家族と面接して解決すべき課題を把握(アセスメント)し、適切な訪問介護等が総合的、効率的に利用できるようにします。計画については、継続的に実施状況の把握と評価をしながら、必要に応じて見直し等を行います。
  • 訪問介護計画及び総合事業計画の内容について利用者・家族に説明するとともに、文書による同意を得ます。作成した訪問介護計画及び総合事業計画は、利用者またはその家族に交付します。
  • サービスの質の向上を図る観点から、サービスの実施状況の把握や利用者・家族との面接(モニタリング)を行うとともに、サービス担当者会議等を開催して専門的意見の聴取等を行います。

サービス利用のながれ

  • ******
  • ******
  • ******
  • ******
  • ******

訪問介護訪問介護(ホームヘルプ)事業所一覧